1995年天津大会 孔令輝 卓球金メダリスト列伝

1995年天津大会 孔令輝

世界卓球'95天津大会の金メダリストは、中国の孔令輝でした。後にシドニーオリンピックでも、金メダルを獲得することになります。

決勝の相手は、同じ中国の僚友・劉国梁(青いユニフォーム)。団体決勝ではメンバーから外れた、当時の若手2人が決勝へ進出しました。この2人は中国が威信をかけて強化した若手選手。孔令輝はヨーロッパへ卓球修行に出して技術を磨き、劉国梁は中国国内純粋培養ながら、ペンホルダーの「裏面打法」という新技術を身につけ、世界の頂点へ駆け上がり、中国に6年ぶりに個人戦金・銀メダルをもたらしました。以降、再び中国が圧倒的実力で世界をリードすることになります。

優勝:孔令輝(中国)
準優勝:劉国梁(中国)
3位:丁松(中国)、王涛(中国)

T


U


V

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。