2001年大阪大会 王励勤 卓球金メダリスト列伝

2001年大阪大会 王励勤

世界卓球'01大阪大会、21世紀最初の世界チャンピオンは、中国の王励勤でした。恵まれた体格から放たれる強烈な両ハンドドライブで、中国のエース孔令輝(95年天津大会、00年シドニーオリンピック金メダル)を逆転で下し、初の世界制覇を果たしました。弱いといわれ続けていたメンタル面を克服し、ここから王王朝が始まることになります。

優勝:王励勤(中国)
準優勝:孔令輝(中国)
3位:蒋澎龍(台湾)、馬琳(中国)

T


U


V


W


X
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。