1980年代後半〜90年代前半 卓球金メダリスト列伝

1989年ドルトムント大会 スウェーデン−中国

世界卓球選手権89年ドルトムント大会、団体決勝は5大会連続で中国−スウェーデンの組み合わせとなりました。結果はスウェーデンが中国の5連覇を阻止し、初優勝。誰もが予想しない、5−0のストレート勝利でした。まさにここから、スウェーデンの黄金時代が始まります。

優勝:スウェーデン
準優勝:中国
3位:北朝鮮

アペルグレン‐江加良@
アペルグレン‐江加良A
アペルグレン‐江加良B
アペルグレン‐江加良C
ワルドナーvs滕義@
ワルドナーvs滕義A
ワルドナーvs滕義B
パーソンvs陳龍燦@
パーソンvs陳龍燦A
アペルグレン‐陳龍燦@
アペルグレン‐陳龍燦A

1991年幕張大会 パーソン

世界卓球'91千葉・幕張大会の金メダリストは、スウェーデンのパーソン。前回ドルトムント大会に続き、2大会連続でスウェーデンの僚友・ワルドナーと決勝を争いました。この時は3-0のストレートでパーソンの勝利。一度もリードされることのない、完全勝利でした。

この千葉大会では、スウェーデンが個人で金・銀、ダブルスで金・銅、団体でも金と、まさに黄金時代を象徴する結果に終わりました。

方や常勝中国は男子団体で銅メダルにすら届かず、金メダルもゼロ。屈辱の大会でした。

動画は、パーソンのベストプレイ集です。

優勝:パーソン(スウェーデン)
準優勝:ワルドナー(スウェーデン)
3位:金擇洙(韓国)、馬文革(中国)


1989年ドルトムント大会 ワルドナー

世界卓球'89ドルトムント大会の金メダリストは、スウェーデンのワルドナーでした。この大会も含め、世界選手権優勝2回、準優勝2回、バルセロナオリンピックで金メダル、シドニーオリンピックで銀メダルを獲得。 「卓球史上最高のプレーヤー」「百年に一人の天才」「キング・オブ・テーブルテニス」などと称えられています。

このドルトムント大会決勝の相手は、同じスウェーデンの僚友、パーソン。3-2のフルセットで勝利、ワルドナーが初の世界チャンピオンになりました。

動画は96年のヨーロッパ選手権決勝のワルドナーvsパーソン戦、黄色いユニフォームがワルドナーです。

このドルトムント大会では、ついに中国が王座陥落。卓球界はスウェーデンを中心に回り始めます。

優勝:ワルドナー(スウェーデン)
準優勝:パーソン(スウェーデン)
3位:干沈童(中国)、グルッパ(ポーランド)

T


U


V


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。