1990年代前半 卓球金メダリスト列伝

1993年イェテボリ大会 ガシアン

世界卓球'93イェテボリ大会の金メダリストは、フランスのガシアンでした。「音速」と呼ばれるほどの優れたフットワークを生かし、常にボールの頂点前を捉えるという、独自の「前陣ドライブ速攻」で、世界を制しました。

91年のバルセロナオリンピックで銀メダル、シドニーオリンピックではダブルスで銅メダルを獲得しています。

この大会では、ヨーロッパ勢がシングルスのメダルを独占しました。

動画は、ガシアンのベストプレー集です。

優勝:ガシアン(フランス)
準優勝:J.M.セイブ(ベルギー)
3位:プリモラッツ(クロアチア)、ワルドナー(スウェーデン)


1992年 バルセロナオリンピック ワルドナー

1992年バルセロナオリンピック、卓球競技の金メダリストは、スウェーデンのワルドナー(白いユニフォーム)でした。「100年に一人の天才」「キング・オブ・テーブルテニス」と呼ばれた、まさに不世出の卓球選手です。決勝の相手は、フランスのガシアンです。

この頃、スウェーデンは世界選手権個人2連覇、団体3連覇と黄金時代を迎えます。中国はオリンピック2大会連続でメダルゼロの屈辱的結果に。

金:ワルドナー(スウェーデン)
銀:ガシアン(フランス)
銅:金択洙(韓国)


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。